検索
  • 齋藤隆文

上まぶたの逆まつげの治療 〜適切な術式を考える〜

形成外科専門医の齋藤隆文といいます、東京の聖路加国際病院と加藤クリニック麻布で形成外科と美容外科をしています。


今回は、上まぶたの逆まつげの治療についてのお話です。

この方、実は下まつげにも逆まつげがあり、その治療については以前のポスト

(目が大きくなる?逆まつげを手術で治す前に知っておくべき美容的メリット)

で書いています。

前回のポストの術後写真では上まつげの治療を終える前なのですが、鋭い読者の方から、上まつげが良くなってない、とご指摘を受けました。さすがに、さすがです笑









上まぶたの逆まつげについて

さて、上まぶたの逆まつげですが、原理は下まつげの記事で説明したのと似ています


これに加えて、アジア人は蒙古ひだと言って上まぶたの皮膚が特に内側(鼻側)にかぶさっていることが特徴です。


蒙古ひだについてはまた改めて詳しく説明したいと思いますが、知らなかった人はひとまずググってみてください。

で、その治療です。


基本的には、まつげにのしかかってくる皮膚をどけてあげる、のが治療のコンセプトになります。

糸で二重を作って皮膚をとめておくだけ

皮膚を切開して、元々二重の人と同じような構造を作る

蒙古ひだが邪魔なので、目頭まで切開してまつげにかぶさる皮膚を取り除く。

という順に、その方のまぶたの状態を見て手術方法を変えていきます。

もちろん糸だけで行う、いわゆる埋没法、というのが一番お手軽なのですが、逆まつげで眼科的なトラブルが出ている今回のようなケースだと、初回手術で確実に、再発しにくい治療として下二つのどちらかをご提案することが多いです。


なので、痛み・かゆみなど症状のある場合のぼくの治療経験のほとんどは切開治療です。


あとは、よく診察で行われる、細い針金(ブジーといいます)を当てたシミュレーションの際に、皮膚の状態のせいで二重が作りにくい、すごく戻りやすい、という人も切開を検討した方がいいと考えています。糸だと、後戻りリスクが高くなります。

機能的には、まつげの向きが外を向いて眼球に当たらないようにする、というシンプルなコンセプトです。

あとは見た目のこだわり。

二重については、基本的にその人のまぶたの構造から考えられる自然なライン、というのが個人個人である程度決まっているので、それをお伝えするようにしています

そして、目頭まで切る場合

ぼくは蒙古ひだを“まぶたの構造のオプション的なもの”と考えています。


つまり、元々蒙古ひだが全くないまぶた(日本人ではむしろ少数派ですが)に、皮膚と筋肉で構成されたヒダが、様々な程度でくっついて蒙古ひだになっているという考え方です。


なので、内側のまつげにかかっているヒダは取り除く、というのが最低ラインで、

あとは、どの程度そのヒダをなくしたいか、をお聞きしてデザインを決めるようにしています。


ただ、実際には、やはりこれも自然なラインというのが患者さんごとにあるにで、そのラインでプランが決まることが多いです。

この患者さんも、目頭切開を含めた切開重瞼作成を選択し、まつげの根元がきれいに出て、ご自身のまぶたの印象があまり変わらない程度に蒙古ひだを減らすことで、自然な仕上がりになりました。





お写真は上まつげ術前と、術後1年です。

外科医はなにかと切りたがると言われますが、ぼくは蒙古ひだにも美しさがあると思っています。




〈施術内容〉 睫毛内反症手術 

〈手術費用〉 約1.3~5万円(上下、および術式により費用は異なります。)

保険適応の場合は定められた保険点数に従って費用が決まります。

*美容目的の場合、上眼瞼形成 約35万円(モニターなしの場合)

〈リスク〉  腫れ、内出血、感染、傷が開く、後戻り、左右差、疼痛や違和感などの残存


聖路加国際病院 形成外科 月曜日・金曜日 初診外来 予約制

加藤クリニック麻布 不定期の木曜日・土曜日 初診外来 予約制

33回の閲覧0件のコメント

©2020 by 斉藤隆文 お顔の治療を専門医とする形成外科美容外科医師。Wix.com で作成されました。